花粉症

「つらい花粉症状について」

花粉症について

 目がかゆい、鼻水が止まらない等、つらい花粉症に悩まされる方は多いです。
 特に、2月から4月下旬まではスギ花粉が、3月から5月下旬まではヒノキ花粉飛び続けますので2つの花粉症を併発すると、2月から5月下旬までつらい症状に悩まされてしまいます。
 ひどい花粉症の症状に悩まされるという方は、一度治療を検討されることをおすすめします。

「花粉症はなぜ起きるか」

 花粉症は、花粉を抗原(アレルゲン)とする鼻粘膜と結膜のアレルギー性の病気です。体内に入ってきた花粉を撃退しようと免疫機能が過剰に働くことで起きます。そのため花粉症の症状は、アレルゲンである花粉が体内に入り込みやすい鼻や目に現れます。

「花粉症の対策について」

花粉症の対策

1.花粉症の対策としては、出来るだけ花粉を体内に入れない

 花粉症は体内に入った花粉を撃退しようとして起こります。そのため、花粉が体内に入る量を出来るだけ少なくするため日常的にマスクやメガネをすることが効果的です。

2.薬を使ってアレルギーを治す

 舌下免疫療法(以下に詳細を記載)は、実際にスギのエキスを毎日投与し、身体を花粉に慣れさせるという治療です。実際に花粉が飛散する時期ではなく、その前の6月から11月頃までに治療を開始するのがおすすめです。治療期間は数年間と長いですが、根本から治療する方法です。
 また、花粉症は体調が悪いと症状が悪化することがあります。睡眠をしっかりとる、食生活を改善するなど、生活習慣を見直すことも効果的です。

3.抗アレルギー薬を内服する

 くしゃみが止まらない、目がかゆい、鼻水が出る等、つらい花粉症症状にを抑える薬です。薬を飲む時期は早いほど効果的であると言われています。抗アレルギー薬によっては、眠くなったり効き目が弱かったりそれぞれ特徴がありますので、ご自身の生活に合う薬を飲むのが重要です。他に点眼薬や点鼻薬もあります。

 舌下免疫療法について
舌下免疫療法 スギ花粉症やダニアレルギー性鼻炎等の治療法の一つです。
 舌下免疫療法(ぜっかめんえきりょうほう)とは、治療薬を舌の下に投与する方法で、自宅で服用することができます。舌下免疫療法は、アレルギー検査の結果、スギ花粉症またはダニアレルギー性鼻炎と診断された患者さんに治療を行います。

 治療方法や期間

 スギ花粉が飛散する前の6月から11月頃までに治療を開始するのがおすすめです。1日1回、少量の治療薬から服用を始め、その後決められた一定量を数年間継続して服用します。服用方法は、治療薬を舌の下に置き、定められた時間舌の下で保持した後、飲み込みます。その後、5分間うがい・飲食を控えます。スギ花粉症の方の場合、スギ花粉が飛んでいない時期も含め、毎日服用します。
 初めての服用は、医療機関で医師の監督の元行いますので、服用方法の指導も同時に行います。2回目以降は自宅で服用することができます。

 期待できる効果

 くしゃみや鼻水、目のかゆみなど花粉症のつらい症状を根本から治したり、長期にわたり症状を抑える効果が期待されています。症状が完全に抑えることが出来ない場合もありますが、症状を和らげる効果があり、花粉が飛散する時期に服用するアレルギー治療薬の減量にもつながります。

 治療にかかる費用

 舌下免疫療法は健康保険の適用が認められています。加入している保険の負担割合や年齢によって費用も変わりますが、3割負担の方でクリニックと調剤薬局と合わせてひと月約2,300円~2,800円程度です。月1回の受診が必要ですので、年間30,000円前後です。
 金額はあくまでも目安になります。
 もちろん実際の通院回数や処置内容、抗アレルギー薬など他の投薬の有無などによって、変わりますのでご了承ください。