禁煙外来

 当院は「禁煙したい」方をサポートします

 禁煙しようと思っても、 自分一人では なかなか達成出来ないのがタバコです。真剣に「禁煙したい」と決意したあなたを当院は全力でサポートします。
 タバコを吸う人は、吸わない人に比べて、肺気腫、心筋梗塞、脳梗塞、癌になるリスクが高まります。
 そして、吸う本人だけでなく、その家族にも害が及んでしまうのがタバコです。私は今まで、受動喫煙者が、せきやたん、息切れ、気管支喘息で苦しむケースも数多くみてきました。喫煙は周囲の人にまで悪影響を及ぼしてしまうのです。病院のサポートを受けながら、 今一度、タバコの生活を見直してみませんか。

健康保険を使って治療ができます」

 ニコチン依存症は病気です。そのため、以下の4つの条件を満たせば健康保険を使って治療を受けることが出来ます。

①ニコチン依存症判定テストが5点以上
  →ニコチン依存症判定テスト

②(35歳以上の方の場合)
1日の喫煙本数×喫煙年数=200以上

③すぐに禁煙したいと決意している方

④禁煙治療をすることを文書で同意している

「前回の治療から1年程経過していないと健康保険は使えません」

 過去に健康保険等で禁煙外来を受けたことのある方で、前回の治療の初回診察日から1年経過しないうちは、健康保険を使うことが出来ません自由診療(全額自己負担)であれば治療することはできますので、再喫煙をしてしまっても、もう一度禁煙に挑戦できます。

「今日から禁煙を始めましょう」

 当院の禁煙外来では、院長があなたの喫煙歴や呼気の測定、症状をきちんと把握した上で、禁煙実行・継続に向けてのアドバイスを行い、禁煙補助薬を処方します。
 今から禁煙しても遅くはありません。自分に合った方法を探して、今日から禁煙を始めてみませんか。

 

 受診の方法

事前予約は不要です。以下のニコチン依存症判定テストで5点以上で、条件を満たせば健康保険を使用して受診することができます。
ニコチン依存症判定テス

 どんな治療をするの?
 ニコチン依存症の有無、診察、呼気一酸化濃度の測定を行った後、禁煙補助薬の服用を開始します。内服薬を使用するか、ニコチンパッチを使用するかは診察で決まります。
 また、禁煙実行、継続に向けてのアドバイスも行います。
 禁煙外来のスケジュールは?
 禁煙外来のスケジュールは、12週間を基本とし、その間に5回診察を受けます。その間は、必ず受診を中断しないでください。中断することで、医師のアドバイスや薬の処方が受けられなくなり、禁煙の成功率が下がってしまいます。もし禁煙が上手くいかなくても、気を落とさないでください。院長やスタッフがアドバイスしますので積極的に受診してください。
<一般的なスケジュール>
○1回目 初診日
 ・ニコチン依存度のチェック
 ・呼気一酸化濃度の測定
 ・「禁煙開始日」の決定
 ・禁煙補助薬の選定
 ・禁煙へのアドバイス

※2回目以降は同じ項目を引き続き測定・確認し、その人に合った改善策を一緒に考えます
○2回目 2週間後
 ・診察(禁煙状況の確認)
 ・呼気一酸化濃度の測定
 ・禁煙補助薬の効果の確認
 ・禁煙へのアドバイス
○3回目 4週間後

○4回目 8週間後

○5回目 12週間後
 通院5回目が禁煙外来の最終回です。
 禁煙により、体調がよくなったり、ご飯をおいしく感じることでしょう。禁煙を続ける自信もつくはずです。
 受診にかかる費用
1回1,000円~5,000円程度です。(薬剤費含む)
※標準的な場合の費用です。処方内容によって異なります。
※当院は院外処方ですので薬は調剤薬局でお支払ください。
※保険負担割合3割で計算しています。
※ニコチン依存症の条件を満たさない方、5回以上の治療を希望される方は、自費診療となります。
※ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。
 禁煙補助薬ってどんな薬?

 禁煙のための補助薬は3種類あります。この中で医師が処方し、健康保険等が使えるのは、「ニコチンを含まない薬」と「一部のニコチンパッチ」です。ニコチンガムと、一部のニコチンパッチは、薬局・ドラッグストアで買うことのできる一般用医薬品です。
1.ニコチンを含まない飲み薬
 健康保険等が適用できます。
2.ニコチンパッチ
 健康保険等が適用できます。
 一部のニコチンパッチは、薬局で購入できます。
 毎日1枚皮膚に貼ります。
 貼り薬のサイズを大きいものから小さいものに切り替えて使用していきます。
3.ニコチンガム
 健康保険等は適用されません。
 薬局で購入できます。
 タバコが吸いたくなった時に1日1個をかみます。